胸を大きくしたい!ウエスト・腕を細くしたい!そんなかたには美容整形外科があります!

胸はおっきく出て、締める所は引き締まったメリハリのある体がイイですよね!
でも、実践するとなるとなかなか思う様には行きません。ダイエットしても痩せるのは胸ばかり・・・・。そんなかたは、美容整形の脂肪吸引と豊胸をお勧めします。

豊胸効果のあるサプリ

近頃ではネット通販で話題になっている豊胸効果のあるサプリを購入している人もいるみたいですね。サプリの種類は多いので、たくさんある中からどれがいいのかをよく見極めてから買う様にしましょう。

豊胸効果のあるサプリは国内で製造された物だけではなくて、海外から輸入した物もあります。時には、妊娠している女性が服用してはいけないサプリもあります。

しかし、豊胸手術とは異なり、サプリだけで大幅にバストアップできるとは考えにくい事もあり、パッケージに書かれている用法や用量を守りたいですね。

用量を守らない場合には、過剰摂取となってしまい健康を害する恐れが出てくる場合も考えられます。
正しく服用しましょう。

自分に合った豊胸術法を見極める

現在主な豊胸手術方法にシリコンバッグ、脂肪注入、ヒアルロン酸注入があります。どの術法が自分に合っているのかを見極めるためにそれぞれの手術の特徴を知っていた方が良いです。

手軽さを求める方でしたらヒアルロン酸注入がダウンタイムが少なく治療費が安いのでおすすめです。希望の大きさのバストを求める方はシリコンバッグ、豊胸を行ったことを周りにばれたくない方には触り心地が自然に仕上がる脂肪注入がおすすめです。どの術法にもメリットとデメリットがあるのでカウンセリングをしっかりと受けた上で豊胸手術を受けましょう。

豊胸の費用について

美容外科で受けられる美容整形のひとつとして、豊胸手術があります。最もオーソドックスな豊胸方法としては、「プロテーゼ挿入」があげられます。費用は100万円から120万円程度で、1カップから5カップのサイズアップが可能となります。豊胸効果は半永久的に持続可能です。

費用が高く感じる方もいらっしゃると思いますが、年当たりのコストに換算すると、ヒアルロン酸を使ったプチ豊胸より、大幅に低コストとなっています。施術時間は1時間程度で、全身麻酔と局所麻酔を併用しますが、入院の必要性はなく、安全性も高い美容整形です。

豊胸手術で必要な期間について

豊胸手術に必要な期間はそれぞれの美容外科で扱う手段によって異なりますが、少なくとも1ヵ月はかかります。 まず豊胸手術には人口バッグ挿入法と脂肪注入法が代表的です。

前者の施術時間は平均1時間から1時間半、後者の施術時間は平均30分ほどとなります。そのあと落ち着くまでのダウンタイムはどちらも2週間かかり、それまでの間はサポーターを使う生活をします。そして1ヵ月の経過チェックで問題なければ豊胸手術は成功したというわけになります。 大阪の美容外科では脂肪注入法が人気があるようですが、ヒアルロン酸注入法もよく見かけます。

豊胸で脂肪注入する豊胸術のメリットとは

身近になりつつある整形の手術ですが、詳しい内容については意外と知られていません。そのなかでも豊胸手術はシリコンバックを装着する他に、ヒアルロン酸の注入や、脂肪の注入で理想の胸を手に入れることができます。

豊胸手術の中でも近年注目されている方法が、脂肪注入をして豊胸する方法です。身体の脂肪を注入することで豊胸することができ、より自然な仕上がりを実現できるため、授乳などで垂れてしまった胸に利用される方もいるほどです。それぞれメリットやデメリットがありますので、自分に適した豊胸術での手術をおすすめします。

注目されるvaserでの豊胸手術

胸を大きくしたいと願う女性や、最先端の技術を導入するクリニックの間で近年、話題となっているのがvaserを併用した脂肪注入による豊胸術です。ウエストや太もも、ふくらはぎなどの気になる脂肪を採取し、胸部へ注入する方法であることから、身体への負担も少なく、不純物の少ない脂肪を用いることで自然な胸の形をつくりだすことができます。

痩せている方でも脂肪採取できるため施術が可能であり、脂肪を吸引した箇所のダメージ回復も早く、感染症などのリスクも抑えられるとされています。施術時間はもちろん、日常生活に復帰するまでのダウンタイムも短く済む豊胸手術となっています。

豊胸手術の関連記事