胸を大きくしたい!ウエスト・腕を細くしたい!そんなかたには美容整形外科があります!

胸はおっきく出て、締める所は引き締まったメリハリのある体がイイですよね!
でも、実践するとなるとなかなか思う様には行きません。ダイエットしても痩せるのは胸ばかり・・・・。そんなかたは、美容整形の脂肪吸引と豊胸をお勧めします。

豊胸は乳房を失った人の再建にも使える

美容整形の分野で特に人気のある施術の一つが豊胸で、自分のバストのサイズが理想よりも小さいことに不満を持つ多くの女性が、その不満を解消するために様々な施術を受けています。

そして豊胸はバストが小さい人だけでなく、乳がんの手術などで乳房を失ってしまった人が、また女性らしい体を取り戻すための再建にも使われています。手術などが原因で乳房を片方若しくは両方失うと、例えパットなどを使って洋服の上からはそのことが分からなくても、自分の容姿に対して自信を失ってしまうことは多いのですが、シリコンバッグの挿入などの豊胸術を施すことで、その悩みを解消することができます。

豊胸手術後はアフターケアが大切

豊胸バッグを挿入するバスト形成手術を受けた後は、アフターケアをしっかり行うことで仕上がりに差が出ます。豊胸バッグは、体にとっては異物なので、この異物を外に出そうとして、バッグの周辺に被膜が作られます。

この被膜を放置しておくと、バッグ周辺に圧力がかかり、厚くなり、強く締め付けられます。そして結果として、胸が硬くなります。さらに悪化すると、バッグが破壊されるリスクも高くなるので、注意しなければいけません。これを防ぐためには、術後は毎日マッサージを行うことが重要です。適切なアフターケアを行うことで、被膜が密着したり、硬くなることを和らげ、美しいバストに仕上げることができます。

美容外科での豊胸手術と術後の痛み

胸が小さかったり、産後垂れてしまって形が気に入らないという方は、美容外科で豊胸手術を受けてみてはいかがでしょうか。 欧米のセレブリティたちの間ではもはや常識となりつつある手術で、術後の痛みもほとんどないという手術もありますので痛いのが苦手という方でも受けられます。

手術にもいろいろな種類があり、少しだけバストアップしたい、ハリを取り戻したいという方は、自分の脂肪を抽出し、バストの気になる部分に移動する手術もあり、自然な仕上りが人気となっています 美容外科では無料カウンセリングを行っていますので、相談してみてはいかがでしょうか。

ヒアルロン酸と豊胸

豊胸の方法はたくさんあります。
プチ整形で安全に豊胸を行う事もできます。プチ整形なのでもちろんメスを使用しません。

具体的な方法としてはヒアルロン酸を注入します。注射で行うので一度に大きくサイズを変える事は難しいと言われています。

効果も半永久的に続くわけではなく、数年ほどしか持続しません。その代わり、安全性においてはすぐれています。また、手軽に行えるため痛みや不安は少ないのではないでしょうか。

ヒアルロン酸は豊胸以外の美容整形にも利用されています。例えば、顔の輪郭を変えたい時にも利用されています。

豊胸手術の関連記事